社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2019年4月1日〜2024年3月31日までの5年間

案内

目標1

産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。

対策

2019年4月〜 法に基づく諸制度の調査
2019年6月〜 制度に関する資料等を、各就業場所にそれぞれ回覧し社員に周知する。(適時に情報提供していく)

目標2

相談窓口を設け、小学校就学前の子をもつ社員が希望する場合、短時間勤務への変更または短時間勤務のできる部署への配属転換を実施する。

対策

2019年4月〜 管理者への口頭説明、および制度への理解を図る。
2019年5月〜 希望者に対し、短時間勤務への変更または短時間勤務のできる部署への配置転換を随時実施していく。

目標3

男性社員の子どもの出生時の休暇制度を支援する。

対策

2019年4月〜 制度に関する資料等を、各就業場所にそれぞれ回覧し社員に周知する。
※休業制度 … 男性社員(正社員)の子どもの出生時に、有給休暇として、3日間取得できる